のれんに使う文字色の注意点とは?

店舗の出入り口などに掛けるのれんは、高い宣伝効果があるアイテムです。
通行人の目に入れば足を店舗に向けられるので、制作するなら
サイズを大きくしたり文字を目立たせて、視界に入りやすくするのが効果的です。

目立たせて集客効果を高めるときには、使用する文字は赤などの
派手な色を選びたくなるでしょう。

しかし店舗の宣伝に使うのれんの文字に赤を使うのは、一般的ではありません。

赤が一般的ではない理由は、商売の赤字をイメージさせるからです。
そのため、制作時には縁起を担いで、赤はなるべく避けて
黒字をイメージさせる黒を使うのが良いとされています。

赤字と黒字

ロゴマークやイラストを使うときも赤は避け、別の色を使うのが無難です。

もちろん集客効果の高いのれんを制作したいときには、縁起を担ぎながら
店舗のイメージに合わせることも大切です。

お店のブランドイメージに合わせながら、生地や文字の色を決めるのが良いでしょう。

ブランドイメージに適したデザインにしておけば、通行人の目に
留まったときにも店舗の業種がわかりやすくなり、思えてもらいやすくなります。

のれんの制作ではオリジナルデザインを使うことも可能なので、
店舗のブランドイメージに合わせてまずは原稿を考えましょう。

もし自分で原稿を考えるのが難しいなら、制作業者に相談するのがおすすめです。

提案力が高い制作業者なら、顧客から聞き取ったイメージをもとに
オリジナルデザインを考えてくれます。

デザインの考案

一般的には店名を入れてしまいがちですが、センスがある制作業者なら
イラストなどを使用して、一目見ただけでどのような店舗か判断できる
デザインの考案が可能です。

色使いも素人では考えつかないセンスが良いものになるので、
専門家に相談しながらデザインを考えるのもありです。

店舗への高い集客効果をのれんに期待するなら、生地や印刷する内容は非常に重要です。

内容次第で集客効果は大きく変わるので、縁起を担ぎながらも
目を引くものを選びましょう。

Tags: , ,
のれんと文字