暖簾とは日本独特の文化であり、店舗を経営している人にとっては欠かすことができない
アイテムでもあります。

歌舞伎や舞台楽屋のれん

また歌舞伎や舞台などの楽屋前にも必ず用いられるものでもあるんです。特に店の軒先にこれをかけることで、店がオープンしていることや営業時間中であることを示す効果があるんです。

暖簾が下げられたり、裏向きで飾られている場合には準備中や営業時間外であったり、店じまいということを示します。暖簾を見ることで顧客はこうしたことが瞬時にわかり、非常に利便性の高いものでもあります。

そして看板代わりになりものであって、そこには店舗名が必ず記されたり、その店舗の扱うものがイラストや手書きの絵で描かれたりもするのです。いわば非常にその店舗の個性を表出し、その店の印象をさゆうするものでもあるので、選ぶ際には妥協することができません。

こうしたニーズにこたえるように、最近ではおしゃれな販売店もたくさん見られるようになってます。十店舗のみならず、ネットショップも多くなっており非常にかわいくおしゃれな文様などをプリントすることも可能となってます。そのため和風づくりのお宅では自宅用として使う人も多くなってるのです。

京都の販売店が特におすすめ

しかしながら、どの暖簾販売店を選べばいいのか困惑する方も多いことでしょう。

この場合には京都のれん株式会社を特におすすめします。歴史と古の文化がある京都を本拠地とした企業であり、のれん制作にはどの地方の店舗よりも長けていると言えるでしょう。

京都は生活の一部のれん

京都は生活の一部として暖簾が自然に溶け込んでいます。それゆえ目利きや、本当に良い物を見極める鋭い眼があるんです。京都のれん株式会社はオリジナルオーダーで製作することが可能です。一枚の暖簾を作るのに京都の熟練の職人が、丹精込めて極上の一枚を作り上げてくれます。

別注のその種類は非常に豊富で無地や染め抜き、インクジェットやシルクスクリーンに手描きまであるんです。通販サイトでも簡単にオーダーできるのがうれしところです。デザインや構図、文様などはカタログや過去の実績を閲覧して、お気に入りのオシャレな逸品を見つけることが出来るでしょう。

そして暖簾とは防炎や耐光でなければなりません。なぜなら屋外で使うことが多いので放火のリスクや紫外線の影響で劣化しやすいからです。こうした機能性に優れながらおしゃれなのれんも豊富に扱っています。一度ホームページをのぞいてみると良いです。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)