サンラバーでオリジナルTシャツを制作!特徴と作り方

表現の仕方オリジナルTシャツを作る時に悩むのが制作方法です。

サークルやクラス単位で数十枚必要なら専門業者に
依頼することをおすすめしますが、1枚や2枚なら
自分で作った方が費用が掛からず早く仕上げる
ことができます。

まず、自分でオリジナルTシャツを作る方法ですが、
アイロンプリント、シルクスクリーン、サンラバーの
主に3種類あります。

アイロンプリントは昔からよく使われる方法で、
手軽にできて費用が掛からないメリットがあります。

専用の用紙にデザインを描き、切り取って
アイロンでTシャツに付ける方法です。

しかし、Tシャツの生地が特定のものでないとすぐに剥がれたり、
色によって使えないなどのデメリットがあります。気をつけて

シルクスクリーンは版画の技法です。
そのため、複雑で細かいデザインでもキレイにTシャツに
模様を付けることができ、耐久性があるのでお洗濯しても
落ちにくいメリットがあります。

しかし、道具を揃えるのが大変で費用も2万円前後掛かってしまいます。

作業するスペースも必要になるので、少数のTシャツを作るのは
デメリットが多いです。

サンラバーはアイロンプリントと同じ使い方で手軽にできますし、
価格は大体1000円以下とお手頃なのが特徴です。

色あせや耐久性にも優れ、説明通りに使えば
お洗濯で取れることはあまりありません。

色の種類も多く、様々なオリジナルTシャツを
作ることができるメリットがあります。

Tシャツだけでなく、布製のトートバッグにもサンラバーはおすすめです。

Tシャツ大好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)