のれん染工場で名入れも同時に依頼!名入れのれんのメリット

のれんに名入れをして世界に一つだけの物を製作

普通に最初から印刷されているのれんよりも、染工場に注文をすれば
同時に名入れも依頼することができて便利です。

無地ののれんに定番の色である黒や白、赤などで印刷をしてくれ
店の出入り口に飾ることでお客に親しみやすい雰囲気を出すこと
も可能です。

印刷できる大きさや箇所などは決まってきますが、シンプルで
味わいある雰囲気に仕上げれば良い印象を与えられますし、
和菓子やうどん、そばやラーメンなど様々な店に対応してます。

お店ののれん

店の目立つ場所や出入口、間仕切りににもぴったりで屋外と
屋内を区別する仕切りや、日焼けや目隠しとしても使えます。

店の名前やキャッチコピー・ロゴなどを印刷することで店頭も
明るくて親しみやすいものになります。

サイズも種類が揃っていて設置場所などにあわせて選ぶことも
可能で、ベースとなる無地ののれんを選んでからデザインを
送付するだけです。

取りつけ部分にも種類があって、共チチタイプだと上部に同じ色
の布で作ったわっかを複数個取りつけてから棒を通すもので、
関東で発祥したので関東風とも言われてます。

棒袋タイプは、長めに仕立てて上部を折り返して縫製し棒を通す
袋タイプで関西が発祥です。オリジナルののれんならどちらでも
目立つこと間違いなしです。

のれんを染工場で同時に依頼すれば手間もかからず

名入れののれんは店の名前などが入ったもので、主に無地のれんの
下の端の方へ名前を入れるデザインなのでどのように作ればいいか
迷ったときや、シンプルなデザインが良いときに向いてます。

製作の時に同時に染工場へ依頼することも出来るので手間も
かかりませんし、店の顔としてかけることが目的なので店名が
入ったものは人気があります。

派手でないのでプレゼントにも最適で、下地の色や文字の雰囲気も
贈り先をイメージして作ることでどこにもないオリジナルとして
開店祝いなどとして贈れます

のれんの名入れ

全体的なデザインだと難しい場合も、店名ならそれほど難しくありません。

無地に文字を入れるとその文字が主役となるため伝えたいと
思っていることもはっきりと伝えられて、特にうどんやそば屋さん
など和風の店ならより和風な感じが出せるのでとても良いです。

印刷もフルカラープリントも対応しているので、何色か使うことも
可能ですし一色だけ使って仕上げることも出来ます。

一つのデザインに捕らわれることなく幅広いものを作ることが
出来るのも魅力です。

名前入れをしたものを贈り物として贈ったり、受け取った相手も
色々な場所で使いやすいです。

わからないことも相談すれば色々とアドバイスなどももらえます。

のれんと文字

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)