のれんは既製品でもたくさんの種類が販売されていますが、
店舗のオリジナル性を高めるためにも、オーダーで注文してみることはとても効果的です。

大きさも、店舗の入り口の間口の広さなど、設置場所に合わせて
無駄なくジャストサイズで作ることができるとともに、そこに入れる
文字や絵柄、のれんの素材などのデザインも好きなように作ることができます。

好きに作れる

せっかくオーダーで作るのであれば、伝えたいことを一枚の布に
たくさん詰め込みたいと感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、あまりにたくさん詰め込みすぎることは、お客さんの立場から
考えると、一目見ただけでは全てを読み取ることが難しく、一つの絵柄として
見られて何も心に残らないことにもなってしまいます。

つまり、あれこれ入れずに最も伝えたいことに的を絞って
デザインを考えることは欠かせません。

文字を入れる時にも、シンプルすぎない文字数にすることが効果的です。

シンプルな文字数

この時に、数だけでなく大きさにも着目することは欠かせません。
のれんの大きさに対してのバランスが重要となり、遠くから見られた時の
状況を想像して決める必要があります。

文字が大きければアピール力を高めることにも役立つのですが、
逆にチープなイメージになってしまう危険性もあります。

店舗の雰囲気やどのようなお客さんをターゲットとしているのかも考え、
バランスのとれたデザインに仕上げる必要があるのです。

一般の人ではこの判断が難しいこともありますが、オーダーのれんを
制作してもらう業者には、専門的な知識を持ったデザイナーのスタッフがいます。

まずは自分たちでデザインをしてみたものを見せて、客観的な立場で
デザインのアドバイスをしてもらうこともできますが、全くの初心者で
自分で考えるにも困っているという人であったり、お店の営業で
手いっぱいなので考える時間もないというのであれば、一から業者の
デザイナーに委託して作ってもらうこともできるので安心です。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)