のれんに使う文字色の注意点とは?

店舗の出入り口などに掛けるのれんは、高い宣伝効果があるアイテムです。
通行人の目に入れば足を店舗に向けられるので、制作するなら
サイズを大きくしたり文字を目立たせて、視界に入りやすくするのが効果的です。

目立たせて集客効果を高めるときには、使用する文字は赤などの
派手な色を選びたくなるでしょう。

しかし店舗の宣伝に使うのれんの文字に赤を使うのは、一般的ではありません。

赤が一般的ではない理由は、商売の赤字をイメージさせるからです。
そのため、制作時には縁起を担いで、赤はなるべく避けて
黒字をイメージさせる黒を使うのが良いとされています。

赤字と黒字

ロゴマークやイラストを使うときも赤は避け、別の色を使うのが無難です。

もちろん集客効果の高いのれんを制作したいときには、縁起を担ぎながら
店舗のイメージに合わせることも大切です。

お店のブランドイメージに合わせながら、生地や文字の色を決めるのが良いでしょう。

ブランドイメージに適したデザインにしておけば、通行人の目に
留まったときにも店舗の業種がわかりやすくなり、思えてもらいやすくなります。

のれんの制作ではオリジナルデザインを使うことも可能なので、
店舗のブランドイメージに合わせてまずは原稿を考えましょう。

もし自分で原稿を考えるのが難しいなら、制作業者に相談するのがおすすめです。

提案力が高い制作業者なら、顧客から聞き取ったイメージをもとに
オリジナルデザインを考えてくれます。

デザインの考案

一般的には店名を入れてしまいがちですが、センスがある制作業者なら
イラストなどを使用して、一目見ただけでどのような店舗か判断できる
デザインの考案が可能です。

色使いも素人では考えつかないセンスが良いものになるので、
専門家に相談しながらデザインを考えるのもありです。

店舗への高い集客効果をのれんに期待するなら、生地や印刷する内容は非常に重要です。

内容次第で集客効果は大きく変わるので、縁起を担ぎながらも
目を引くものを選びましょう。

Tags: , ,
のれんと文字

のれんに入れる文字の配置のポイント

のれんは、生地の素材感や色、デザインのバランスが
重要となり、中でも文字は言葉を伝える大切な役割を
持っているので、どのような言葉を入れるのかによっても
大きく印象が変わってきます。

しかし、言葉ばかりに気を取られるのではなく、その言葉を
より効果的にみせるような入れ方も重要になってきます。

文字を入れる時には、大きさや配置がポイントとなります。

大きさと配置

全ての文字を同じ大きさにするとなると統一感を出すことも
できますが、大きさに変化をつけることによってバランスもよくなり、
伝えたい言葉を大きくすることで目立ってアピール力も高くなってきます。

また、行間や字の間の空間もポイントとなるので、配置の仕方次第で
全く違ったもののようにも見えることになります。

まずは、もっとも伝えたいことは何なのかに的を絞って
のれん制作をすすめていくといいでしょう。

店舗名をアピールしたいという場合には、他は小さくして
店舗名をより強調させていきます。

また、目玉商品をアピールして集客を高めたいという場合には、
中央に大きくその商品名やイラストを配置します。

のれんに良い生地を使用していたり、店舗の雰囲気を感じ取って
もらいたいという場合には、あえて中央に大きく名入れをするのではなく
端の方に小さく入れてみるというのも時には効果的になってきます。

端に入れる

たくさん入れてしまうということは、お金をかけて名入れをしたとしても
チープに見えてしまったり、素材感や雰囲気を壊してしまうこともあるからです。

このように、一枚ののれんであっても店舗の玄関口でお客さんの目に
入りやすいものでもあり、のれんの雰囲気だけで遠くから見て
気に入って店舗に入ってもらえるチャンスにもなるため、
制作には力を抜くことができません。

美しい配置バランスでアピール力を高めるためにも
じっくりと考えて制作する必要がありますが、
自分で考えるのが難しいと悩んでいるのであれば
業者のデザイナーに委託することもできるので安心です。

のれんと文字

のれんの文字の大きさについて

のれんは既製品でもたくさんの種類が販売されていますが、
店舗のオリジナル性を高めるためにも、オーダーで注文してみることはとても効果的です。

大きさも、店舗の入り口の間口の広さなど、設置場所に合わせて
無駄なくジャストサイズで作ることができるとともに、そこに入れる
文字や絵柄、のれんの素材などのデザインも好きなように作ることができます。

好きに作れる

せっかくオーダーで作るのであれば、伝えたいことを一枚の布に
たくさん詰め込みたいと感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、あまりにたくさん詰め込みすぎることは、お客さんの立場から
考えると、一目見ただけでは全てを読み取ることが難しく、一つの絵柄として
見られて何も心に残らないことにもなってしまいます。

つまり、あれこれ入れずに最も伝えたいことに的を絞って
デザインを考えることは欠かせません。

文字を入れる時にも、シンプルすぎない文字数にすることが効果的です。

シンプルな文字数

この時に、数だけでなく大きさにも着目することは欠かせません。
のれんの大きさに対してのバランスが重要となり、遠くから見られた時の
状況を想像して決める必要があります。

文字が大きければアピール力を高めることにも役立つのですが、
逆にチープなイメージになってしまう危険性もあります。

店舗の雰囲気やどのようなお客さんをターゲットとしているのかも考え、
バランスのとれたデザインに仕上げる必要があるのです。

一般の人ではこの判断が難しいこともありますが、オーダーのれんを
制作してもらう業者には、専門的な知識を持ったデザイナーのスタッフがいます。

まずは自分たちでデザインをしてみたものを見せて、客観的な立場で
デザインのアドバイスをしてもらうこともできますが、全くの初心者で
自分で考えるにも困っているという人であったり、お店の営業で
手いっぱいなので考える時間もないというのであれば、一から業者の
デザイナーに委託して作ってもらうこともできるので安心です。

のれんと文字

「のれん」の文字はデザインの基本ポイント!

のれんは看板と並んでお店の顔となる重要なアイテムです。
宣伝効果も抜群で、お店に入ってくる人のすべてが目にするものですし
全体の雰囲気を決めてしまうといっても過言ではない物ですから、
新しく作るときにはデザインには特に気を付ける必要があります。

特に店名を入れるときには、お店の雰囲気やジャンル、コンセプトなどを
総合的に考えて、文字の大きさやデザインを考えることが重要です。

のれんはコストパフォーマンスが高いアイテムですが、人の目に映る確率が
非常に高いので、作るときにはどんな目的でどういったアピールなどが
したいのか、コンセプトを決めておくといいでしょう。

コンセプトを決める

のれんを使うメリットは、まず集客率を上げる効果が期待できます。
のれんが出ているかどうかで、お店が営業しているのかを
判断することができますし、どんなお店なのかも一目でわかってもらえます。

ただし、お店の雰囲気やジャンルに合ってないものを作ってしまうと
お客さんが入りにくいお店になってしまうこともあるので
気を付けなければいけません。

ですから、のれんに描かれるデザインや文字の大きさ、言葉はとても重要です。

しかも長さがある程度決まってしまいますので、入れることができる
文字の数はあまり多くはできません。

文章なども使えないので、一目でわかる店名やキャッチコピーを
選んでいくことになります。

一目でわかる

業者によって選べるデザインなどの違いはありますが、
様々な種類の文字を選ぶことができるので、お店の雰囲気や
コンセプトの合ったもの、色などを選んでいきましょう。

その他にも、例えば家紋のようにお店のロゴなどを
どこに入れるのかも重要になります。

一般的な作り方では、左の隅に屋号を入れて、中央に業種の名前やロゴ、
例えば「蕎麦」など大きく入れるのが基本的な形です。

作るときには業者としっかりと打ち合わせをすることが大切です。
今はパソコンで仕上がりのレイアウトを簡単に見ることができるので、
納得するまでこだわって作るとよいでしょう。

Tags: ,
のれんと文字

店舗で活躍する「オリジナルのれん」の制作にかかる期間は?

お店で活躍するオリジナルのれんを製作するには
大体どれ位の期間がかかるのかというと、まず
見積もり依頼をメールやファックスで送ります。

ファックスで送る

すると大体1~2日で返信がきます。
見積もり内容に納得したら、次にのれんをどれ位の
大きさや形にするか等デザインを決めます。

また生地や色、枚数や仕立て方法も決めます。
生地には綿や麻、化学繊維などもあり予算とも
相談しながら好きなものを選ぶ事が出来ます。

枚数も店舗で使う際に破れてしまったり洗濯する時の
予備として複数枚を一気に作るほうがコストも
安く抑える事が出来ます。

さらに防炎加工をするかしないかなどもあわせて
決めていきます。

防炎の有無

これらは依頼者が紙に手書きで書いたものを
提出しても良いですし、パソコンを使い作成をし、
それをメールで送っても問題ありません。

この作業を業者と何回か相談をして修正を
していきます。

そしてデザインが決定するまで平均して
2~3日程度かかります。

こうしてのれんのデザインが決まったらいよいよ
製作に入っていきます。

工場で染めの作業を行っていきます。
この段階になると原則デザインの変更や
キャンセルはできません。

この作業は大体3~5日で完了します。
のれんが完成したら納品をして完了となります。

見積もりから納品までの日数をまとめると
まず見積もりに約1~2日、デザイン作成に
約2~3日、そして工場での製作に3~5日かかり
納品なので、依頼してから納品まで約1週間~
10日ほどとなります。

のれんと文字